アクセサリー

アクセサリーというと、指輪やネックレスやピアスなどの装飾品の総称で日本語では「装身具」とも呼び、非常に幅広い意味を持ちます。

また似たような言葉に「ジュエリー」がありますが、日本では「宝飾品」とも呼ばれ、文字通り宝石やダイヤモンドを使ったものを指します。欧米では素材に関わらず装身具は全てジュエリーと呼ばれていますので、海外で購入する時は注意が必要です。

もしなにかプレゼントするものがある場合、店頭やインターネットで調べるときは「アクセサリー」というよりももっと適切な用語あるはずですので、欲しいものがどれに該当するのかこちらで調べてみてはいかがでしょうか。

 

アクセサリーの歴史

元々は「外敵から身を守るために、”魔力があるとされる物”を身につける」ことがアクセサリーの始まりとされています。
見栄えを良くするという装飾としてではなく、呪術的な意味合いを持っていました。現代でも結婚したら身につけるペアリングや十字架のネックレスといったところにその名残は残っています。

 

アクセサリーの素材

最近では技術が発達し、ステンレスや合成樹脂といった様々な素材が使われるようになっていますが、古くから身につけられてきたアクセサリーですので、木材や化石や貝殻は珊瑚、動物の体組織といった自然のものを使うのが一般的でした。

時代によって素材に変化はありますが、体に身につけるものなので金属アレルギーなど人体に害を及ばさない物で作られているのは今も変わりません。