彼女や妻に!プレゼントで喜ばれる定番アクセサリーブランド5選

男性からするとよって何が違うかわからないアクセサリーブランド。
なにも考えずにプレゼントを選ぶよりも下調べしてから調べて彼女や妻の満足度も全然違いますので、順に見ていきましょう。


1. 4℃(ヨンドシー)

ジュエリーアクセサリーをプレゼントするんだったら4℃(ヨンドシー)というくらい定番のブランドで男性でも知っている方は多いと思います。
一般的なアイテムは4万円から購入可能で、見た目の可愛さから若い女性に人気で、彼女や妻の好みがわからない時や初めてのプレゼントに渡す時に最適なブランドです。

公式サイト:http://www.fdcp.co.jp/

 

2. AHKAH(アーカー)

ロゴはカジュアルな印象を受けますが、比較的フォーマルなジュエリーアクセサリーが多いAHKAH(アーカー)。
価格帯そのものは4℃(ヨンドシー)とあまり変わらないですが、その落ち着いたデザインから40代50代になっても身に付けてもなんら違和感はありません。
芸能人でいうとほしのあき、平山あや、神田沙也加、東原亜希さんといった方が身に付けているそうです。

公式サイト:https://boutique.ahkah.jp/

 

3. TIFFANY(ティファニー)

世界五大ジュエラーの1つであり女性人気ブランドNo.1のティファニー、その人気の秘密は上品で飽きのこないデザイン。
デザインの豊富さから幅広い層に人気があり、4℃(ヨンドシー)同様ハイクラス層のプレゼントの定番となっている。
プレゼントとして買う場合、選ぶのに非常にセンスが問われますので、初めてのプレゼントとしてティファニーを選ぶのはお勧めしません。上級者向け。

公式サイト:http://www.tiffany.co.jp/

 

4. BULGARI(ブルガリ)

世界五大ジュエラーの1つのブルガリは、男性にとっても時計ブランドとして馴染みがある思います。時計だけでなくアクセサリーも取り扱っており、その位置づけはプレシャスで革新的な素材使いと独特なデザインから生み出される本物のラグジュアリーブランドといったところです。
価格もデザインも若い人が手を出す事は難しいため、30代以降の女性にプレゼントするのにお勧めです。プレゼント選びの際はティファニーと同様、センスが問われます。

公式サイト:https://www.bulgari.com/ja-jp/

 

5. Cartier(カルティエ)

先に挙げたティファニー、ブルガリと並んで世界五大ジュエラーの1つであるカルティエは、創業当初から王侯貴族から愛され王室御用達は16ヶ国にも及んでいるking of jeweller(宝石商の王)ブランドです。

結婚指輪といった時に贈るものという印象が、他のブランドよりも強いのでプレゼントとして贈るタイミングは慎重になったほうがいいでしょう。逆にここぞという時にこれ以上ないブランドと言えます。

公式サイト:http://www.cartier.jp/

 


いかがだったでしょうか。

紹介したものは数多くあるブランドのほんの一部ですが、その中でプレゼント選びの参考になったら幸いです。